メンズ服のサイズ・寸法の目安は?

メンズ服のサイズ・寸法ってどのくらいが最適? 目安は?

そんな疑問に対して、「簡潔に」お答えしていきます。

トップス(Tシャツやシャツなど)

肩のラインが最も大切です。
身頃のところと袖を縫い付けているラインが
ピッタリが望ましいです。外側に出るようなら大きすぎ。

肩幅の実寸+1~3cmくらいが丁度いいくらいですね。

メンズ服

また、胸囲(ワキからお腹へかけてのライン)
実寸+10~20cmです。

だぶつくようだと見栄えが悪くなるので、
あまりだぶつかないようなサイズのものを選ぶことです。

 

ここまでOKなら、着丈と袖丈をチェックします。

着丈は、お尻に少しかかる程度。長くてもお尻が半分隠れる程度に。
長すぎると格好悪く、だらしなく見えてしまいます。

袖丈は、半袖なら肩と肘の中間を目安に。
長袖なら手首のくるぶし(豆状骨)よりもより少し短い程度。

ポイントとしては、インナーの袖丈は
上に羽織るアウターよりも少し短めにしておくこと。

アウターよりも長いと、インナーの袖が飛び出してダサく見えます。

 

ボトムス(ジーンズやチノパンなどのズボン)

ウエストと裾(股下)が重要なボトムス。
ウエストは実寸+2~4cm。
4cmでも、慣れないうちは窮屈に感じるかもしれません。

ただ、これ以上緩くしてしまうと、ラインが乱れてしまって、
綺麗に見えなくなります。

ポイントとして、履いた状態で一度屈伸してみること。
座った時、しゃがんだ時に窮屈に感じないかどうかは
チェックしておいたほうが良いでしょう。

 

裾(股下)については簡単で、
ワンクッション(裾が靴の甲に当たる程度の長さ)
ハーフクッション(裾が靴の甲に軽く当たる程度の長さ)
のどちらかにするのがベストです。

ジーンズやブーツカットのパンツの場合は、
これよりももう少し長めにしておくのが良いので、
そこは気をつけて下さい。

 

細かく言えばこの何倍にもなりますが、
それだと面倒になって投げ出したくなるので、
本当に重要なポイントだけにまとめておきました。

実際に服を選ぶときは全部のサイズがピッタリ合う
なんてことはありませんし、それなら重要なポイント数箇所で
いいんじゃないかと。

あなたも、私と同じ考えならぜひ参考にして下さい。

参考ページ
⇒ メンズ服の寸法の測り方・しっかりとしたサイズの選び方・基準

このページの先頭へ