MZガールが選ぶお洒落モテ服
幅広い年齢層の男性から支持される
「女性にモテるメンズファッション」詳細レビュー
流行の最旬アイテムinfoabso(インフォアブソ)
トレンドのモテ服コーディネートを提案する
「大人向けキレイめ系ファッション」レビュー
大人向けきれいめカジュアルのスプートニクス
お洒落かつ上質なメンズ服が手に入る。30代以降の男性向けファッション通販の詳細レビュー
日本最大級のファストファッション通販
積極的なセール展開が最大の魅力!格安でモテ服が手に入る格安ファッション通販レビュー

メンズファッションの具体的なサイズ目安

モテるメンズ服というのはどういったものなのか?

それは、ジャストサイズの服(サイズがピッタリな服)です。

1枚2万円のサイズの合っていないシャツよりも、
1枚2千円のジャストサイズのシャツのほうが格好良く見えるもの。

女性受けも後者のほうが良い。
それくらいサイズというものは大事な要素になります。

メンズファッションの具体的なサイズ目安

では、具体的に裾や袖がどの位置に来るのがベストなサイズなのでしょうか?
この記事で詳細に解説していきます。

メンズ服のベストサイズ

まず重要なのが「着丈」と「肩幅」です。

この2つが合っていれば、他の部分も自然と自分の身体のサイズに近くなります。

  • 着丈…後ろから見てお尻に少しかかる程度。
    着丈の長さは1センチで変わってくるので注意。
  • 肩幅…肩の位置と洋服の肩のラインを揃える。

 

これを基本として、アイテムごとにも解説していくと…

Tシャツの着丈は、ベルトよりも少し下、ポケットが少し隠れるくらいに。
タイトなものが欲しいなら、ベルトが半分隠れるくらいの長さでも大丈夫です。

シャツの着丈は、股とベルトの間、ちょうどチャックが半分隠れるくらいがベスト。
肩幅が合わないことも多いので気をつけておくこと。

アウターの着丈は、基本的にシャツと同じと考えてOK。
インナー(シャツやカーディガン)を着た上で採寸して下さい。

 

パンツは一番難しいかもしれません。試着は必須です。
着丈の代わりに股下、肩幅の代わりにウエストを測ります。

股下は、ストレートタイプのものなら裾上げできますし、
ウエストが大きすぎる場合はベルトを締めることで対応できます。

が、できるだけ自分の体型にぴったりフィットするものを選んで下さい。

特に「ウエスト」は重要です。
ベルトがなくても履けるくらいのサイズのものが良いですね。

 

これが、各種アイテムのジャストサイズです。

これらの項目を守るためには、
試着をしてみて、手を伸ばしたときに袖が短かったり、
肩周りが窮屈でないようにしておくのが良いでしょう。

ただ、この2つのサイズをぴったり合わせたとしても、
サイズは近くなるものの、必ずジャストサイズになるわけではありません。

人それぞれ体型が全然違ってくるので、それも当たり前ですね。
しかし、着丈と肩幅、この2つが合っていれば、それほど気にならないはず。

極端に痩せてる・太ってるというのでもなければ、
このサイズの合わせ方で通用すると思います。

参考
⇒ メンズ服の寸法の測り方・しっかりとしたサイズの選び方・基準
⇒ メンズコートの簡単なサイズの選び方・基準

ソーシャルメディアで紹介して頂けるとありがたいです。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この記事はお役に立てましたか?

もし、あなたのお役に立てたのであれば、
他の方にも参考にしていただけるかもしれません。

1人でも多くの方にこの記事を読んでいただくことが、
より良い記事を書くモチベーションになります。

ですので、Twitterやフェイスブックなど、
SNSでの記事紹介をよろしくお願い致します。

コメントを残す

このページの先頭へ