MZガールが選ぶお洒落モテ服
幅広い年齢層の男性から支持される
「女性にモテるメンズファッション」詳細レビュー
流行の最旬アイテムinfoabso(インフォアブソ)
トレンドのモテ服コーディネートを提案する
「大人向けキレイめ系ファッション」レビュー
大人向けきれいめカジュアルのスプートニクス
お洒落かつ上質なメンズ服が手に入る。30代以降の男性向けファッション通販の詳細レビュー
日本最大級のファストファッション通販
積極的なセール展開が最大の魅力!格安でモテ服が手に入る格安ファッション通販レビュー

高校生のための制服ファッション お洒落に見せるためにすべきこと

高校生の制服ファッションはどんなふうに着こなすのが正解か?

もちろん、個人の好みはあるでしょうが、基本は誰でも同じ

  • 気づかないうちに、カッコ悪い着方・ダサい着方になっていませんか?
  • あるいは、奇抜なファッションになっていたりしませんか?

もし不安なら、この記事を3分読んでいって下さい。

どんな制服ファッションがカッコイイのかわかるようになります。

高校生のための制服ファッション

高校の制服ファッションの基本は、
フォーマルの制服に遊び心を加えるスタンス
最も格好いい着方です。

つまり、着崩しはNG。
男性は格好いいと思う人もいるかもしれませんが、
大多数の人からは受け入れられません。

ただ、第一ボタンを外したり、少しくらいなら問題ありません。
ガチガチな校則でもなければ、基本的に校則を守ったまま
格好良く着こなせます。

 

制服ファッションを構成するのは、
靴、靴下、ベルト、鞄、腕時計、アクセサリー、中に着るTシャツです。

では、ひとつずつアイテムごとに見ていきましょう。

 

…使うのはローファー・革靴とスニーカーの2種類。

運動部の場合はランニングシューズやトレーニングシューズが
必要かもしれませんが、部活時などはともかく、
お洒落では履かないように。

制服のフォーマル感に最もよく合うのは革靴です。
少しデザインの凝った黒が良いですね。
あるいは茶色でもOK。

ベルト・鞄と同じ色にするのが良いです。

 

靴下…制服の色か靴の色と合わせて下さい。

柄はなし、無地のハイソックスが良いでしょう。
よく白い靴下やくるぶしソックスを履いている男の子がいますが。

普通にダサいので…
今これらの靴下を履いている人は、今日からでも変えましょう。

 

ベルト…見せる見せないに関わらず、
普段からお洒落なものを使いましょう。

特に、制服の場合はスラックスにシャツをインするため、
夏服の時は丸見えです。

色は黒か茶色、高級感のあるシンプルなベルトか、
デザインの入ったものが良いですね。

気をつけるポイントは、バックルが大きい物は使わないということ。
格好良く見えますが、女性ウケは悪いので。

 

…リュックはあまり格好良くないですね。

ショルダーバッグが良いのですが、
周りに使っている人もいないでしょうし。

なので、まずスクールバッグを使うことを考えると良いです。
荷物が多い場合は、リュックもプラスして使うのが無難でしょう。

 

腕時計…高校はアクセサリーは基本的に禁止だと思いますので、
アクセサリー代わりとして使います。

携帯で時間を確認している方は、これから腕時計にするといいと思います。
お洒落にも使えますし、実用性もありますからね。

高校生は、サラリーマンと違って
フォーマルなものでなくても良いのがありがたいところです。
カジュアルな腕時計を使いましょう。

セイコーやカシオとか無難なものじゃなく、
Gショックとかカジュアル過ぎるものでもなく。

スカーゲンやハミルトン、フォッシルなどが良さそう。
色々なブランド、デザインがあるので、探してみてください。

 

アクセサリー…もし校則で禁止されていなければ、
ブレスレットだけしていくと良いです。

材質は革のシンプルなもの。
腕時計と共にお洒落アイテムになってくれます。

 

Tシャツ…制服のYシャツの下に着るTシャツですね。

色は白はあまりオススメしません。下着みたいに思われるので。
赤やオレンジなどの派手な色は注意される可能性があるのでNG。

無難に思われるかもしれませんが、黒が一番いいです。
次にグレー、紺。このあたりのTシャツを着ておきましょう。

 

ここまで揃えられたら上出来です。

制服は、基本的な服(トップス・ボトムス)を変えられないので、
こういった小物をお洒落なものに変えていく必要があります。

ですが逆に言えば、こういうところでお洒落の差がつくものなので、
手抜きをせずお洒落なアイテムを揃えられたら
「お洒落な男」として見られるようになります。

ぜひやってみてください。

ソーシャルメディアで紹介して頂けるとありがたいです。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この記事はお役に立てましたか?

もし、あなたのお役に立てたのであれば、
他の方にも参考にしていただけるかもしれません。

1人でも多くの方にこの記事を読んでいただくことが、
より良い記事を書くモチベーションになります。

ですので、Twitterやフェイスブックなど、
SNSでの記事紹介をよろしくお願い致します。

コメントを残す

このページの先頭へ