MZガールが選ぶお洒落モテ服
幅広い年齢層の男性から支持される
「女性にモテるメンズファッション」詳細レビュー
流行の最旬アイテムinfoabso(インフォアブソ)
トレンドのモテ服コーディネートを提案する
「大人向けキレイめ系ファッション」レビュー
大人向けきれいめカジュアルのスプートニクス
お洒落かつ上質なメンズ服が手に入る。30代以降の男性向けファッション通販の詳細レビュー
日本最大級のファストファッション通販
積極的なセール展開が最大の魅力!格安でモテ服が手に入る格安ファッション通販レビュー

メンズ服の寸法の測り方・しっかりとしたサイズの選び方・基準

メンズ服のサイズを簡単にではなく、しっかりと測りたい。
という方のために、しっかりとしたメンズ服のサイズの測り方・選び方
について解説します。

お洒落で大事になってくるのは、やはり「サイズ感」です。
これが自分の体型にぴったりフィットしていないと格好悪く見えてしまうもの。

だから、事前に自分の身体のサイズを知っておいて、
さらに服の寸法の測り方まで知っておけば、
自分に最もフィットする服が数値でわかります。

 

そうすれば、ネット通販で買う時も全く困らなくなります。
商品ページで服のサイズ・各寸法が書いてありますからね。

では、トップス・ボトムス・アウターそれぞれの服の測り方について
画像付きで説明していきます。

 

トップスの寸法

トップスの寸法の測り方

トップスの寸法の測り方

Tシャツの場合

肩幅
Tシャツ・カットソーの肩幅はジャストサイズに。
余裕があるとだらしなく見えてしまうので、大きめのものを買うくらいなら、
少し小さめの方がまだ良いです。最も気をつけたいポイント。

着丈
長すぎるとみっともなく見えます。
ベルトに少しかかるくらいの長さがベストですが、
ズボンにINする前提なら考えなくて大丈夫でしょう。

袖丈
Tシャツ・カットソーはアウターをこの上に着ることが前提のため、
手首のくるぶしにかからないくらいの長さがベスト。

身幅(バスト)
普通に着るなら、自分の胸囲の±4cmを目安として考えて下さい。
タイトに着ると窮屈な感じがしてしまうので、慣れるまでは辛いかも。
ややタイト~ややゆったり目になるくらいが良いのでは。

 

シャツの場合

肩幅
Tシャツと同じく、ヌードサイズを参考にピッタリめを選ぶのが基本。
Tシャツ・カットソーの上に着るものですが、ほとんど変わらないので。
タイトな感じで着る方が格好良く見えます。

着丈
シャツはラウンドテールのものが多く、通常長くなるのが普通。
しかし、それでもお尻が全部隠れてしまうくらい長いのはだらしない印象。
お尻が半分~7割隠れる程度の丈のものを選ぶと良いです。
短いものが好きな方は、「ショート丈」に作られたアイテムを購入しましょう。

袖丈
シャツの袖丈の目安としては、手首のくるぶしが完全に隠れるけれど、
手のひらにはかからない程度。
ただ、綿100%のシャツは1~2cmほど縮むのでやや長めなものを選ぶこと。

身幅(バスト)
ぴったり~ややタイトなものが良いでしょう。
あなたの体型にもよりますが、余裕は取らなくて大丈夫です。

参考ページ
「メンズファッションの体型別コーディネート」について

 

ボトムスの寸法

パンツの寸法の測り方

パンツの寸法の測り方

ウエスト
ピッタリとフィットするものを選ぶこと。
ウエストさえ合っていれば、他は多少合っていなくても大丈夫。
ベルトなしでウエスト or 腰骨にホールドできるサイズがベストです。
ただし、窮屈に感じるものは除外して下さい。

股上・股下
パンツの場合は股上、股下という表現になります。
股上は違和感がなければアバウトに考えてOK。
股下は大事なポイントで、ワンクッション、あるいはくるぶし丈になるように選びます。

ただ、裾上げやロールアップ出来るものならあまり考えなくていいかもしれません。
ブーツカットやバナナカット等、できないものはサイズ選びをしっかりすること。

もも周り(ワタリ)、ヒップ
ぴったりめなものを目安に考えるのが良いでしょう。
少しきつめ・少しゆるめなものは許容範囲です。

 

アウターの寸法

ジャケットの場合

ジャケットの寸法の測り方

ジャケットの寸法の測り方

肩幅
インナーにカットソーやシャツなどを着るため、
それを考慮して選ぶこと。
肩幅の合う合わないで見栄えが変わるので、身長に選びましょう。

着丈
お尻に半分かかる程度の着丈を目安に。
もう少し短くても良いですが、長すぎるとダサい印象に。
シャツを下に着る場合、シャツの方がずっと長くなるのはNG。
少し出てしまう程度なら許容範囲です。

袖丈
手首にかかる程度のものを選ぶ。
多少長かったり短いくらいなら問題ありません。
あまり深く考えなくてもいい部分ですね。

身幅(バスト)
ボタンを閉めてもやや余裕があるくらいは必要。
ジャケットの場合、ウエストで絞りが入るので、
それを考慮して選んで下さい。

 

コートの場合

コートの寸法の測り方

コートの寸法の測り方

肩幅
コートの中で最も重要になる部分です。
中にジャケットなどを着るなら、それに合わせたサイズ選びを。
スーツ用にするなら、また肩幅も変わってくるので注意が必要です。

着丈
どんなふうに着るか? で変わってくる。
短くても長くても良いので、好みで選んでOK。
唯一気をつける点は、中に来ているシャツやジャケットの着丈よりも
長いものを選ぶことだけです。

袖丈
多少長いくらいのものが良いです。
手首はしっかり隠れ、手のひらに少しかかる程度。

身幅(バスト)
窮屈なのは避けて下さい。
中に何を着ても余裕があるようなものが良いと思います。

 

以上、各アイテムごとに目安となるサイズを記載しておきました。

やはりサイズ選びは難しいもので、
自分にピッタリのアイテムはなかなか見つかりません。

ポイントは、肩幅を第一に考えて、他の部分も変にならない程度の
サイズのものを選ぶことです。

まずは自分の身体のサイズを測ってみる、
リアル店舗で買い物をするなら、購入前に必ず試着をすることを
心がけるのが良さそうですね。

ソーシャルメディアで紹介して頂けるとありがたいです。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この記事はお役に立てましたか?

もし、あなたのお役に立てたのであれば、
他の方にも参考にしていただけるかもしれません。

1人でも多くの方にこの記事を読んでいただくことが、
より良い記事を書くモチベーションになります。

ですので、Twitterやフェイスブックなど、
SNSでの記事紹介をよろしくお願い致します。

コメントを残す

このページの先頭へ