MZガールが選ぶお洒落モテ服
幅広い年齢層の男性から支持される
「女性にモテるメンズファッション」詳細レビュー
流行の最旬アイテムinfoabso(インフォアブソ)
トレンドのモテ服コーディネートを提案する
「大人向けキレイめ系ファッション」レビュー
大人向けきれいめカジュアルのスプートニクス
お洒落かつ上質なメンズ服が手に入る。30代以降の男性向けファッション通販の詳細レビュー
日本最大級のファストファッション通販
積極的なセール展開が最大の魅力!格安でモテ服が手に入る格安ファッション通販レビュー

ブサイク・ブサメンがモテるために行なうべき戦略

自分が、ブサイク・ブサメンだと思っていて、
女性にはモテたい!でも、自分の容姿だと難しそう…

そんな人達が女の子と付き合うにはどうしたらいいか?

ブサイク・ブサメンがモテるために行なうべき戦略

ブサイク・ブサメンがモテるために何をすればいいか?

1.格好を磨く

デブで、ファッションもダサく、髪もぼさぼさ。
ブサメンというよりオタク・キモオタと呼ばれるような人種になっている。

これは容姿云々の前に、努力不足。
これで女性にモテるわけがありません。

一目見たら、「ダサい」を通り越して「気持ち悪い」「生理的に受け付けない」
という印象になる可能性すらあります。

 

でも、この段階から変わろうとしたら、かなり格好良くなれます。

どこを変えられるか?
⇒ ファッションと髪型です。

変えようと思って実際に行動に移しさえすれば、別人じゃないかと思われるほど
モテるようなファッション・髪型に変えることができます。

 

そうすると…
自分の容姿に自信がない方に朗報。

女性は、外見よりも内面を重視する人が圧倒的に多いです。
顔の良し悪しにはあまりこだわらない人が多いのも事実。

だから、自分の生まれ持った容姿に自信がなくても、
ファッションと髪型を整えれば、十分にモテる男になることは可能です。

 

ただ…それでも第一印象というものが絶対に関わってきます。

服装がお洒落かダサいか、身だしなみに気をつけていて清潔感があるか
それとも不潔か、で印象が変わり、特に「不潔」と思われたら
その時点で恋愛対象外、友達付き合いも嫌、ということになることも。

結論としては、

  • 生まれ持った容姿・顔の良し悪しは関係ない
  • 清潔感は絶対必要。不潔だと女性からの印象は最悪
  • ファッションや髪型など、変えられるところをお洒落にすることは求められる

このようなことを心がけるのが良いかと思います。

 

2.会話で相手を楽しませる

外見を整えたら、次は会話・コミュニケーション能力を磨くべき。
究極的に言えば、モテるかモテないかは、会話力で決まります。

会話が面白くないけどイケメンよりも、
ブサメンだけど会話が楽しい人の方が絶対にモテます。

 

これが全てというと語弊がありますが、
「話していて楽しい」と思わせることができれば、もうこっちのもの。

外見なんて関係なく、あなたに惚れさせることができます。

この会話力・コミュニケーション力というのは、
女性というより人にモテるために必須の技術です。

この能力さえあれば、一生友人にも女性にも困ることはなくなるでしょう。
どんな話をすればモテるのか、これは覚えておいても損はありません。

 

3.技術や特技などで権威付けすべし

ブサイクだろうが、権威付けができると一目置かれるようになります。

  • 会社を経営している
  • 芸能人・歌手・プロスポーツ選手など、自慢できる職業
  • 東大卒、慶応卒など、強烈な経歴を持っている
  • 絵や音楽でコンクール優勝、スポーツで全国優勝などの経験をしている

このような経歴を持っていれば、
それは男としての魅力を持っているというアピールになります。

一生、有利に働く経歴になるので、ひとつ持っておけば非常に役立ちます。

 

4.単純接触回数を増やす

人間は、近くにいる人間の方が気になります。
顔を合わせたら挨拶する。ただそれだけでも、なんとなく親近感が湧くもの。

その状況からなら自然に話しかけたり、友だちになったり、
さらには恋人になる難易度も下がります。

接触回数――顔を見る回数――を増やすほど、親しくなりやすい
という法則があります。

既に気になる異性がいるなら、ぜひ今日からでもやって下さい。

 

女性にモテるためには、やはり努力が欠かせません。
外見を良くする、テクニックを身につける。

単純に接触回数を増やすだけでも、一歩前へ進んだことになります。
女性にモテるという目的のために、今日からでも出来ることをして下さい。

その繰り返しが、女性と付き合うことにつながります。

ソーシャルメディアで紹介して頂けるとありがたいです。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この記事はお役に立てましたか?

もし、あなたのお役に立てたのであれば、
他の方にも参考にしていただけるかもしれません。

1人でも多くの方にこの記事を読んでいただくことが、
より良い記事を書くモチベーションになります。

ですので、Twitterやフェイスブックなど、
SNSでの記事紹介をよろしくお願い致します。

コメントを残す

このページの先頭へ