MZガールが選ぶお洒落モテ服
幅広い年齢層の男性から支持される
「女性にモテるメンズファッション」詳細レビュー
流行の最旬アイテムinfoabso(インフォアブソ)
トレンドのモテ服コーディネートを提案する
「大人向けキレイめ系ファッション」レビュー
大人向けきれいめカジュアルのスプートニクス
お洒落かつ上質なメンズ服が手に入る。30代以降の男性向けファッション通販の詳細レビュー
日本最大級のファストファッション通販
積極的なセール展開が最大の魅力!格安でモテ服が手に入る格安ファッション通販レビュー

ファッション初心者のための「使い回しの効くモテアイテム」ってどんなもの?

「お洒落になりたい」なんて恥ずかしくて口にはできないけど、
今よりもう少し気の効いた格好がしたい。

そんなお洒落初心者の男性に最適なファッション講座。

ファッション初心者として、
初めからファッションアイテムを揃えるとしたら、
何を手に入れるのが良いか?

使い回しの効くモテアイテムまとめ

当然、お洒落・長く使える・色んなコーディネートに合わせられる
という要素を持った、使い回しの効くアイテムがいいですよね?

色々なコーディネートに使える、つまり着回せるアイテムを
ここではご紹介していきます。

 

基本となるのは、一般的に「定番アイテム」と呼ばれているもの。
定番と言われるだけあって、非常に使い勝手の良いアイテムが揃っています。

白シャツ

どんなアイテムともコーディネートできる万能アイテム。
ジャケットのインナーに着たり、カーディガンと合わせたり。

よく使うアイテムになるでしょうから、
しっかりした作りのものを選んでおくと良いですね。
半袖と長袖で1着ずつ手に入れましょう。

 

無地のTシャツ

毎日インナーとして着るものなので、
色別・長袖半袖でそれぞれ揃えておくのが良さそう。

紺・黒・グレーは基本で、茶色・ワインレッドなども
揃えておくとコーディネートをお洒落に出来るので便利です。

 

黒テーラードジャケット

ジャケットは男性を格好良く見せてくれる定番アイテム。
白シャツと合わせても良いですし、無地シャツ・チェックシャツ
何でも合わせられるので重宝します。

シンプルなものよりも、少し凝ったデザインのものの方が
コーディネートが格好良くなりますよ。

 

チノパン

カジュアル系でもキレイめ系でも使える万能ボトムス。

ベージュのものを基本として、黒・白・紺など
様々なカラーを揃えておいてもOK。
使い勝手が良いです。

 

ジーンズ

カジュアルファッションのボトムスとして使えます。

色んなタイプのジーンズがありますが、
ストレートタイプだけでも良いでしょう。

痩せ型~普通体型の人はブーツカットも別に用意しておくのがベスト。
シルエットが凄く格好良くなりますからね。
ダメージジーンズは汚い感じがすると嫌われるのでいりません。

 

革靴

色は黒一択で。
茶色も使えますが、やはり黒の方が万能です。

1足だけでは心許ないので、革靴を2足か
スニーカーも合わせて用意しておくべきではありますが…
黒の革靴は、基本的にどんな服装にも合います。

 

ここまでが基本中の基本です。
…しかし、想像してみるとわかりますが、
これだけだと「モテファッション」は作れません。

上記基本のアイテムに、これから紹介する
モテアイテムを組み合わせることで、初めて女性ウケの良い
モテコーディネートが作れるようになります。

 

では、応用編です。

カーディガン

最も女性ウケの良いメンズファッションアイテム。
女の子目線で考えるのなら、アウターはこれだけでもいいくらいです。

お洒落なデザインのものは必要なく、
デザイン自体は無地のシンプルなものでOK。

ベーシックカラーのものではなく、
青、紺、ワインレッド、といったものを用意すると
コーディネートの差し色となって良い感じ。

カラーで冒険しても大丈夫なアイテムと言えます。

 

ジャケット

黒のジャケットを基本とするなら、
デザインの凝ったジャケットもコーディネートに
組み合わせてみても良いです。

シンプルなものでも、工夫の凝らされたものでも。
ジャケットは数種類持っておくとコーディネートに幅が出ます。

 

女性ウケを考えると、以上の2点のアイテムを重視すると良いです。

後は、シャツ・チェックシャツなどを何点か揃えれば、
それで「女性にモテるコーディネート」が何パターンも出来ます。

一から揃えるとしたら、こんな感じで揃えるのがベストだと思います。
参考にして下さい。

ソーシャルメディアで紹介して頂けるとありがたいです。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この記事はお役に立てましたか?

もし、あなたのお役に立てたのであれば、
他の方にも参考にしていただけるかもしれません。

1人でも多くの方にこの記事を読んでいただくことが、
より良い記事を書くモチベーションになります。

ですので、Twitterやフェイスブックなど、
SNSでの記事紹介をよろしくお願い致します。

コメントを残す

このページの先頭へ