MZガールが選ぶお洒落モテ服
幅広い年齢層の男性から支持される
「女性にモテるメンズファッション」詳細レビュー
流行の最旬アイテムinfoabso(インフォアブソ)
トレンドのモテ服コーディネートを提案する
「大人向けキレイめ系ファッション」レビュー
大人向けきれいめカジュアルのスプートニクス
お洒落かつ上質なメンズ服が手に入る。30代以降の男性向けファッション通販の詳細レビュー
日本最大級のファストファッション通販
積極的なセール展開が最大の魅力!格安でモテ服が手に入る格安ファッション通販レビュー

「その服似合わないね」という言葉の本当の意味とは?

あなたは、「その服似合わないね」と言われた経験はありますか?

もし、似合わないと言われたとしても、
その言葉をそのまま受け止める必要はありません。
実はその服が似合わないわけではないからです。

こんな言葉をかけてくるのは、恐らく友人や親友、あるいは家族とか
とにかく親しい人ではないでしょうか?

「その服似合わないね」と言われたら

そういった人が「服が似合わない」と感じているとしたら、
それはいつもとは違う違和感を感じ取っている場合が多いんです。

つまり、いつもとは何か印象が違うな…という違和感が、
「似合わない」という言葉になっているわけですね。

では、どうしてそのように感じているのか?

 

それは、単純にあなたがいつもとはまったく別の格好をしていたり、
または自分自身が自分の格好に違和感を持っていることが原因です。

いつもとは違う格好と言っても、
「単純にいつもと違う服」というわけではありません。

いつもキレイめ系やカジュアル系のファッションをしているのに、
今日になって初めてお兄系の服やV系・ホスト系のコーディネートをしてきた。

少し極端な例ですが、このような状況になれば違和感を感じるのは当然のことです。
あなたにその服が似合っているかどうかは関係ないということです。

 

または、初めてその服を着たりして、自分には似合わないんじゃないか…
という不安を持っていると、それが雰囲気として出てしまうものです。
そうなると、周りの人も違和感を持ってしまうことがあります。

お兄系の服やV系・ホスト系の服を1ヶ月毎日着ている人が、
明日同じ系統の服を着ていっても、何とも思われないはず。

もしくは、着慣れてきた場合も同じように、違和感はなくなります。

ソーシャルメディアで紹介して頂けるとありがたいです。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この記事はお役に立てましたか?

もし、あなたのお役に立てたのであれば、
他の方にも参考にしていただけるかもしれません。

1人でも多くの方にこの記事を読んでいただくことが、
より良い記事を書くモチベーションになります。

ですので、Twitterやフェイスブックなど、
SNSでの記事紹介をよろしくお願い致します。

コメントを残す

このページの先頭へ