MZガールが選ぶお洒落モテ服
幅広い年齢層の男性から支持される
「女性にモテるメンズファッション」詳細レビュー
流行の最旬アイテムinfoabso(インフォアブソ)
トレンドのモテ服コーディネートを提案する
「大人向けキレイめ系ファッション」レビュー
大人向けきれいめカジュアルのスプートニクス
お洒落かつ上質なメンズ服が手に入る。30代以降の男性向けファッション通販の詳細レビュー
日本最大級のファストファッション通販
積極的なセール展開が最大の魅力!格安でモテ服が手に入る格安ファッション通販レビュー

ファッションショップ販売員の対応は当たり前なので、苦手意識を持つ必要はない

アパレルのお店に入店したら、すぐに洋服の販売員、
ショップスタッフが寄ってくる。

または、少し服に触ったら「良かったらご試着できますよ」
と声を掛けられる。

そのことに対して身構えてしまったり、
苦手意識を感じている方って多いのではないでしょうか。

ファッションショップ販売員の対応は当たり前

こういった対応は、ショップの意向だったり、店員の義務だったり、
販売実績を上げようと頑張っているだけなので、
全然気にする必要はないのですが…

アルバイトをした経験があるのなら、
自分に当てはめて考えてみるとわかりやすいのではないでしょうか。

マクドナルドなら「ポテトも一緒にいかがですか?」と声掛けしますし、
八百屋であれば今が旬の食材を勧めてきます。
これと同じことなんですね。

ショップスタッフがこういう対応をするのは当たり前だと考えて接すれば、
全然腹も立たないものです。

 

声を掛けられたり、「こちらがオススメです」などと
言われたりしたらイラッとする。

あるいは、あれこれ質問されて自分の希望に沿ったアイテムを持ってこられると
購入しないといけないような気になるとか。

引け目を感じてしまって、苦手意識を持っているのかもしれません。
が、本来そういうものは全く必要ないんです。

自分の好きなように見て回っていいですし、わからないことがあれば
ショップスタッフに聞いてもいい。
販売員を上手く活用して、自分の希望通りの買い物をすればいいということです。

それが正しい店員と客の関係というもの。

 

ただ見て回りたいなら、「自分で見て回りたいので」と断ればOK。

何を購入すればいいのかわからないなら、
自分の希望を伝えてオススメを持ってきてもらうと良いです。

ショップスタッフは、スムーズに買い物するためのお手伝いだと考えて接すれば、
上手く活用できると思います。

最初は上手くいかなくても、そういう心構えでいれば
引け目を感じなくなってくるはずです。

ソーシャルメディアで紹介して頂けるとありがたいです。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この記事はお役に立てましたか?

もし、あなたのお役に立てたのであれば、
他の方にも参考にしていただけるかもしれません。

1人でも多くの方にこの記事を読んでいただくことが、
より良い記事を書くモチベーションになります。

ですので、Twitterやフェイスブックなど、
SNSでの記事紹介をよろしくお願い致します。

コメントを残す

このページの先頭へ